秋葉原17人殺傷第11回公判 救護の男性が出廷(産経新聞)

 東京・秋葉原の無差別殺傷事件で殺人罪などに問われた元派遣社員、加藤智大被告(27)の第11回公判が1日、東京地裁(村山浩昭裁判長)で開かれた。当日、現場付近を通りがかり被害者の救護にあたった男性が出廷した。事件後に救護した被害者が死亡したことを知ったという男性は「悔しいです」などと述べた。

 男性は事件当日、買い物のために現場付近を訪れた。トラックが交差点に進入し「ドン、ドン、ドン」と物音が聞こえた後、「交差点の人だかりが津波のように逃げ出して交差点が静かになった。血だらけになって倒れている人が何人か見えた」と証言した。

 その後、「誰か、誰か」と近くでうめいていた男性被害者にかけより、刺された腹をタオルで応急処置した。しかし、被害者の意識は徐々に遠のいていき、救急車で搬送されたという。男性はその晩、ニュースで被害者が亡くなったことを知った。

 男性は、当時を振り返り、「病院まで(亡くなった被害者に)付き添わなかったことで、自分を責めている。家族や恋人だったら絶対について行ったのに」などと言葉を詰まらせた。

【関連記事】
「このまま死ぬんだな…」 刺された警察官が証言
「突き上げるように次々パンチ」…目撃男性が証言
「その見取り図作成は忘れました」 証人の警察官が正直に“告白”
「友達の口から血が流れ…」暴走トラックにはねられた女性、証言台へ
「みんな死ねば」加藤被告の悔恨 秋葉原17人殺傷
「はやぶさ」帰還へ

搬出制限区域近くの食肉加工場、出荷ゼロ続く(読売新聞)
朝日水戸総局に脅迫ファクス=容疑で医師逮捕―茨城県警(時事通信)
石井一・民主議員宅で現金1000万円盗難 「昨年末まで金庫に…」(産経新聞)
【近ごろ都に流行るもの】トマトラーメン 健康志向追い風 赤い定番(産経新聞)
<鳩山首相辞任>国民新、郵政改革法案の成立求める考え(毎日新聞)
[PR]
by edfnyb4k5d | 2010-06-08 17:25